『咲き誇る!隣地のハナミズキ!』  社会福祉法人 ホープ会 公式ホームページ咲き誇る!隣地のハナミズキ!

社会福祉法人 ホープ会 ホープステーション

  • ホープ会について
  • 事業内容
  • サービスを見たい・知りたい
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 事業報告

お問い合わせ

電話番号

ホープ会のスタッフブログ

咲き誇る!隣地のハナミズキ!

昨日ほど暑さを感じない好天の「希望の駅」周辺です…

ジョブ事業所の隣地に並ぶハナミズキの木々は、いま…まさに満開!

【ハナミズキ】

ハナミズキは、明治45(1912)年、当時の東京市長・尾崎行雄氏がアメリカ・ワシントン市の親日家たちにサクラの苗木を送った返礼として、大正4(1915)年に日本に送られてきました。観賞の対象となっている花は、本来の花弁ではなく、総苞片(花のつけ根の葉)です。そのため観賞期間も長く、秋の紅葉や赤熟した果実なども楽しめ、また、自然に樹形が整う木であることから、街路樹、公園木のほか、個人庭園のシンボルツリー、景観木としても広く利用されています。(※みんなの趣味の園芸より引用)

 

美しく色づいたハナミズキ…

来週末は「朝日通り商店街 ハナミズキまつり」です…

もちますかね…?(笑)